Readerを買いました [日々の生活]

ちょっと前のことですが、SONYのReaderを買いました。
電子書籍専用端末です。
??.jpg

sony storeで買いましたので、オリジナルカバーも一緒に注文しました。
?? 2.jpg

この商品は、基本的には新刊を安く乱読したい方がターゲットみたいですけど、
私は全く逆の発想で、青空文庫にあるような超名作なら、電子書籍で持とうという目的です。
名作はたくさん手元に置きたいですが、もう限界はとっくに越えています。
こないだの連休で啄木記念館に行って、啄木関連を読みたくなったのが購入のきっかけになりました。

-----------------------
最初に読んだ本は『山月記』(無料)。
??.jpg

教科書にも載っている名作です。
紙の本も持っています。
プライドばかり高くて努力しなかった自称詩人が、虎になっちゃうお話です。

?? 4.jpg
難しい漢字もがんばって作ってますね。
これなら紙の本と比べても遜色がないです。
こういう本は週に一度は目を通し、「臆病な自尊心と、尊大な羞恥心」の発露を予防したいものです。

しかし。
青空文庫は、作った年代によってはルビが入っていないケースもあって、
こんな感じだとかなり残念。(某無料書籍)
?? 2.jpg


無料だし、作っている方もボランティアだから仕方ないのですが、
「タダほど高いものはない」と思ってしまいます(すみません)。

こちらは『土佐日記』(無料)。
これも紙の本でも持っています。
iPhoneの豊平文庫アプリにも入れています。
?? 3.jpg

かなの多い古典は、電子書籍に似合うと思います!!

なんか、読書したいというよりはメディアヲタです。はい。

そんなわけで、まだReaderでは電子書籍代は使っていません。

電子書籍の購入に関しては、iPhoneで買った電子書籍が9割方期待外れだったので、慎重になっています。
(不満な点は、動作が遅い、まともに動作しない、内容が値段相応すぎる、等。)
iPhoneは、ダウンロードするだけで満足する人向けかもしれないです。
でもReaderの電子書籍は適正価格なので(紙版の1割引くらい、またはほぼ同じ)、内容はよさそうです。動作は遅い....

余談ですが、イマイチなiPhoneの電子書籍の中で、『聖書』のアプリだけは、有料、無料とも
どんどん改良されてよくなっています。
そういえば500年前も、紙媒体は宗教書が牽引しましたから。
7種類の聖書アプリを入れてチェック中です。

お経系のアプリもいいらしいですが、そちらまで手がまわりません。

本日も碌々として河原に伍するsonicでした。
動物になるときは虎ではないでしょう(笑)。

トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。