巻物JR山田線(3)区界-平津戸 [2012年1月「海の底が動いた年」]

区界は、山田線の中では最も標高が高いところです。
紅葉はすっかり終わっていました。

b12makimono21.jpg

とんがった山は兜明神といいます。(かぶとみょうじん)
通称なのか正式名称なのか知りませんが、これで通じます。
このあたりでは、○○山とは言わなくて、普通の名前がついていたり、山の代わりに森とついたりします。
線路際にある白樺の林がきれいです。

b12makimono22.jpg

標高が下がって来て、紅葉がきれいになってきました。
十分見頃だと思うのですが、この頃現地のツイッターでは、「106号(山田線と並行している国道)の紅葉は終わった」という話題になっていました。
見頃の定義が厳しいのだと思います。
ほんとの見頃はもっといいんだろうなー。でも満足。


b12makimono23.jpg


b12makimono24.jpg

山田線の紅葉は、何度見てもそのたびにいいです。
最高に幸せな気持ちになります。

なんか、山田線に関しては、同じことを何度も書いているような気がします。
同じネタを何度も使うのが嫌いな私としてはかなり不本意ですが、他に言葉では言いようがないです。
絵は同じことを感じても必ず違って描けるので、ありがたいです。
トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。