播磨坂【2012年4月「東京のほそ道」作品】 [2012年4月「東京のほそ道」喫茶おとら]

12otora_harima_s.jpg

播磨坂
2012年4月

これは俳句を思いつきませんでした。
茗荷谷の近くにある桜の名所です。
ここから、白山の喫茶おとらまでは歩いて15分くらい。

桜の時期に、初めて行きました。
都心にこんな桜のトンネルがあって、しかもわりとお行儀がいいなんて(笑)。
これからお花見はこちらにしようと思います。

お行儀がいいとは言っても...路駐してお花見をする人が多いことに驚きました。
当然見張っているので、その間5~10分なのですが。
ギリギリの路駐に慣れているというか(笑)。
とりあえずここの桜を一瞬見ればオッケーというか。
で、そういう人たちはいいクルマでお金持ちそうだったりします。
これが文京区なのか?!

話は変わりますが。

桜というのは、創作物のテーマとしてすごく難しいです。
絵は描いたもの勝ちでなんとかなるけど、俳句となるとお手上げ。
私は類句を恐れているので、できればテーマにしたくないです。

ブログupするまでに何か考えようと思ったけど....思いつかなかったです。
まあいいか。
ああ路駐の方をテーマにすれば何かできそう。


....................
今見ると、気力の入ってない絵だなあ......。
気力満々の絵だと、見る方が疲れるという意見もあるのでこれはこれでいいのですが
作者としては振り返ったときに、自分の気力を感じられた方が気分がいいです。
そんなわけで振り返るのは苦手ですが、これも勉強になりますね〜。
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。