浄土ヶ浜パークホテル [三陸・宮古]

今回、三陸通い10周年記念として、浄土ヶ浜パークホテルに宿泊しました。

今まで泊まらなかったのは、ひとり泊プランがなかったからです。
誰か誘ってもよかったけど、私の感覚で人を誘えるお値ごろ価格になるのは一部屋4人以上という感じで。
そういう旅行をあえてしようとは思わず10年経過してしまいました。

今回利用したのは、震災復興平日限定松林側プラン(朝食付き)。
お値段は、いつものユース4泊分。
4倍快適でした。

部屋は松林側だったけど角部屋だったので、海がチラ見え。
__ 2.JPG

海しか見えない眺めより好みです。
部屋は10畳以上ある作りで、4人以上のプランでないとお値ごろにならないのも納得。

ロビーから、夜明けの眺め。
__ 1.JPG

↑6時でもうこの明るさ。
浜までは歩いて5分ほどで、日の出を見ました。

__ 1.JPG
あんまりいい朝なので、朝食を放棄してそのまま描きつづけようかとも思いました。

でも今回はもったえないので泣く泣く朝食へ。
宮古は本州最東端なので、朝が早くて冬は昼までが勝負なのです。

ビュッフェスタイルです。
北国のホテルらしい、しっかりした味でした。
__ 2.JPG


5、6人のグループが、浴衣にスリッパで朝からビールでリラックス。
こういう宿に泊まるのは本当に久しぶりで、勉強不足を感じました。
観光地の散策マップは、こういう旅をするお客様に歩いていただけるようなテンションが必要なんですよね。
これから10年に1回くらいは普通の観光旅館に泊まろうと思います(笑)。

浄土ヶ浜観光の王道を体験し、すごくインスピレーションが広がりました。
何がどうかとうまく説明できないのですが。

トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

トラックバック 0