大宮盆栽村(2)大宮盆栽美術館 [建物と街並み]

盆栽村の中心的な存在が、この美術館です。
詳細はこちら→さいたま市大宮盆栽美術館

中には、美術品として盆栽を展示してあり、観賞の仕方が丁寧に解説されています。
館内は撮影禁止ですが、中庭の一部だけ写真を撮ってもいい場所があります。
それがこちら。

b130608_007.jpg


b130608_013.jpg

b130608_011.jpg

たまに鉢が入れ替わるらしいです。

ひとつひとつもつぶさに観賞。
b130608_008.jpg

解説を読んだ直後なのでちゃんと観賞できましたが、
今となっては何も書けません(笑)。
b130608_009.jpg

盆栽の見方を忘れたわけじゃないのですが、記事にするほどの精度で他者には説明できない、そんな感じです。

b130608_010.jpg

根っこの部分も観賞のポイントだそうです。
b130608_012.jpg

多分、鉄道に興味のない人が鉄道博物館に行くとこんな気持ちなのか??
(とても楽しくて満足なんだけど、それをうまく説明できない感じ)

庭にはちゃんとガードマンさんがいて、撮影しないように見張っていました。
撮影禁止をうたいながらも事実上撮影を見逃している美術館、資料館が多い中、ここはとてもきちんとした印象でした。
盆栽は生き物だから、美術品とかよりも大切にされるのは当たり前といえば当たり前ですが、
美術に関わる者としては、負けてる感があって悔しいです。

おまけ。
最近、自分の絵がチカラ弱くなった気がするので、都電集中特訓を始めました。
b130608_21.jpg

鉄道はいい総合的な練習になりますけど、型にはまりやすいので要注意です。
しかも型にハマっていた方がウケがいいのでさらに危険です。
新しい描き方をしたいと思いつつ、いつもの立ち位置に来てしまった自分でした。

トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トラックバック 0