某民家を描きに行った(2)東武日光線利根川橋梁 [遠征]

栗橋から、東武日光線に乗車しました。
今日のお楽しみは、いつもJRの車窓から見て気になっていた、東武の「利根川橋梁」。
確か昭和一桁の建造物です。

栗橋を出て市街地を過ぎた頃から、鉄橋は右の車窓にずっと見えていました。
川を渡るときに、普段は橋桁が写らないタイミングで撮影するのですが、今回は橋桁を写したい!

b130613_010.jpg
なんとか写りました。
この乱れたリベットに昭和一桁を感じます。


その後も別の川を渡って、目的地の新古河に到着。
b130613_011.jpg

b130613_012.jpg

今回初めて知ったのですが、新古河は茨城県古河市ではなくて、埼玉県加須市(旧北川辺町)にありました。
駅名で自治体同士がもめることの多い昨今、このおおらかさはすごいものだと思ったりして。
b130613_013.jpg

なかなか、見どころが多そうです。
b130613_014.jpg

さて、民家を描いた後、先ほどの鉄橋の話をしたら、
「そんな珍しい鉄橋があったとは気がつかなかった」
「じゃ、行ってみましょう」
ということになり、橋のたもとまで行ってみました。

b130613_021.jpg
こういう写真を撮るには最悪の天気ですね(笑)。

おおっ!かっこいい!!
b130613_022.jpg

ちょうど、スペーシアが来ました。
b130613_024.jpg

b130613_025.jpg

b130613_026.jpg

私はおおっ!!と思うけど、見慣れてしまえば普通の鉄橋です。
現役のオーラどころか、若さを保っているようにも見えるこの鉄橋、只モノではないです。
トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。