青森駅西口(3)森林博物館の森林鉄道保存車両 [遠征]

青森市森林博物館の庭には、こんな小屋があり

b131204_33.jpg

森林鉄道の車両が展示されています。
b131204_25.jpg


b131204_20.jpg

b131204_22.jpg

運転台。
b131204_26.jpg

客車の顔。
b131204_27.jpg

意外に乗り心地がよさそうな客車の座席。
b131204_21.jpg
今までに、青森の森林鉄道の保存車両を、芦野公園と中泊町博物館で見ましたが、これとはかなり印象が違いました。
両方とも、もっとワイルドでシンプルでした。

これは作業員というよりは、役人を乗せた列車なのかな?と想像したりして。

ドアノブが昭和の感じです。
b131204_28.jpg

貨車。
b131204_29.jpg

連結器はこんな感じ。
b131204_30.jpg

もしかしたら、こうやって切り取れば、昔の人が見ていた風景の雰囲気に限りなく近いのかも。
b131204_34.jpg

b131204_35.jpg
こういう地面が雪でマンダーラな感じが好きです。

津軽の人は、森林鉄道の話になるとわりとよくしゃべります。
でも最終的には鉄道でなく、森の話になります。
その割には、森林鉄道の資料などがあまりなくて、ちょっと不思議だったのですが、
これらの展示を見て、森林鉄道が身近すぎて新しすぎるので、まだまとまったものがないのだとわかりました。

実際、50代より上の方だと、リアルタイムで森林鉄道を知っているみたいです。
「青森」というだけのことはあって、森は特別な存在なのだと思いました。
これからも、森林関連の施設を意識して行ってみようと思います!

共通テーマ:仕事