額装&俳句テスト その3(2014年3月-4月) [新島々えきなかギャラリー]

出張などをはさんで間が開いてしまいましたが…
テンションを整え(←整ってないw)

新島々えきなかギャラリー 第6期展示、3回目です。
アルピコ交通

展示の様子

額装した壁側に合わせて、
ガラス側は、プリントをスチレンボードで裏打ちして展示してみました。
これはあくまでテストなので、第1回CLAP SHOTオープン工房(hanamura師匠の記事)で使ったものを一部流用しました。
えっ?!またその絵?!、と思われる方も多いと思いますが、記録として記事にいたします。ご了承ください。

↓踊るならしだれ桜の咲く頃に
12hinoki_a_s.jpg
2011年5月 弘前城公園
こちらは2012年の檜画廊DMに使った作品。
春らしいインパクトがあるものを、と、選びました。
今年度からお堀の工事に入ってしまう弘前城公園。
来年の春はちょっと空いているかな?!と期待したりして。
まだ梅雨明けしていないのに、もう来年の春のことを考えています。

↓ドカ雪は春のはじまり無人駅
030316_02s のコピー.jpg
2003年3月 JR岩泉線岩手和井内駅(2014年4月廃止)
おなじみ自薦no.1のお気に入り作品。
しぞ〜かでは「竜爪山に雪が降ると春」なんて言ったものでした(ローカルすぎてすみません)。
ここ新里村(現・宮古市)では、「卒業式の日はドカ雪」と言うそうです。(だいたい3月1週目の週末が卒業式)
雪が降ると春が来るという太平洋側の感覚が、北の地・三陸にもあったことに驚きとうれしさを感じました。


↓3月や駅に汽車来るありがたさ
121123_10s のコピー.jpg
2012年11月 三陸鉄道宮古駅
描いたのは11月ですが、三陸鉄道全線開通を意識して、俳句風タイトルは3月ということにしてしまいました。
山とか見れば嘘はバレバレです。

鉄道が全線開通してもorz、、、、、
むしろ、粛々と進められている道路計画の方が、復興の指標になっていて、、、、鉄道好きの私も「今」を映し出せる存在の道路に嫉妬、そしてその現実を認めるしかないです。

もちろん鉄道の現実も、別の意味での「今」ではあるのですが。
手元にある3年分の三鉄ファンクラブ会員証(1日フリー乗車券3枚)は、いつ使おうか〜(^^)

つづく。

アルピコ交通様では、展示してくださる方を随時募集しております。
展示させていただき、ありがとうございます。

共通テーマ:仕事