信越本線で高田へ(1) [絵画・イラストレーション]

b141016_11.jpg

10月のはじめに、信越本線で高田に行ってきました。
とっくに「本線」ではなくなっているのですが、あえてそう呼びます。

というのは、私は昔、こういうイベントに参加しており
b141016_10.jpg
信越本線にはとても思い入れがあるのでございます。

これは、高田と清水を結ぶ国道52号線の開通を機に、昭和29年に始まった交歓会で、
高田市(後に直江津と合併し上越市)と清水市の中学2,3年生代表(各校の生徒会役員)が互いにホームステイしあうというものです。
議員視察団の中学生版みたいな感じですね。
静岡市との合併で、清水市が消滅するまで50年間(2003年までだったかな?)続いていました。

交歓会の内容はともかく(^^;)、初めて見た雪国の景色そして雪国の鉄道は、今もビデオのようにちょっと劣化しつつも脳内に保存されています。

で。長野駅。
b141016_01.jpg

信越本線がなくなることを、ひしひしと感じます。
b141016_02.jpg

これに乗車。
b141016_03.jpg
直江津って、自分の名前の漢字が一文字入っていて好きな地名です。

中学生時代と同じような電車で、思い出の場所に行けるということは幸せです。
b141016_05.jpg

b141016_04.jpg
天気もよく、平日なのに鉄ちゃんが多かったです。

中学のとき、
妙高高原から先は、雪の壁以外、何にも見えなかったなー。

特急ってスイッチバックしたかなあ??


なんて思っているうちに高田到着。
b141016_06.jpg

中学生sonicは、この梁や柱の多さと、頑丈そうな鉄骨にメロメロになったのだった…。
b141016_07.jpg
b141016_08.jpg

10年くらい前に一度高田で一泊していて、そのときは、中学時代に感じたのと同じ「鉄のかおり」がして感動しました。
(消雪パイプ用にくみ上げている地下水に含まれている鉄分のにおい)
しかし

b141016_09.jpg

今回は、ペンキのにおいしかしなくて残念!!

ああここから越乃Shu★Kuraに乗りたい!!
↑信越本線乗り納めのはずなのに、この地点で3セクになる前にまた来る気満々ww

妙に立派になってしまった高田駅。
今年はお城ができてから400年だそうで、 観光にも気合いが入っています。
b141016_13.jpg

でも、こうやって切り取れば昔のまま。
b141016_12.jpg

昔の写真、捜索中(笑)。

つづく。

共通テーマ:仕事