「秋の水」(2015年1月展示作品) [2015年1月「人の生活がある風景vol.2」]

140904_01s.jpg
秋の水みらいは日々に新たなり
2014年9月 横浜市みなとみらい

ハマスカで展示した絵の元となったスケッチです。
タイトルは季語だけ変えました。

同じ場所からの夜バージョンはこちら

--解説--
これらの過去記事でも触れたように、ここは何かを考えたり決めたりするときに来る場所です。
この時は特に考えることも決めることもなく、先に描けていた夜バージョンの出来がよかったので、それを補完する昼バージョンを描くためにきました。

ここで詳細は書けませんが...
20世紀の終わりに某究極の選択を迫られたとき、人生で一番大切なことってなんだろうかと考え、当時ここに来た私は「今見えている景色を1枚の絵に納められる脳内超広角レンズ」と思い、その某選択を判断しました。

今はもっと大切なことがあります。
でも、あのときにはこう思ってよかったです。
脳内超広角レンズへの道は楽ではありませんでしたが、その過程で出会った人や出来事が、今一番大切なことになりました。
多分それはまだ途中だと思うので、毎日、新しく追体験できたらいいなと思ってます。


共通テーマ:仕事