2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」 ブログトップ
前の10件 | -

出津(しつ)【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

クリスマス記念番外編!!

世界遺産登録暫定リスト入り、カトリック出津(しつ)教会。
IMG_7434.jpg

10月の搬入前日に描きました。
十三番館のある山手からはバスで約1時間半。浦上を過ぎ、トンネルを抜けると、あの異国情緒漂う大きな長崎の町とは別世界の、ひなびた集落が点々とつながっておりました。
どちらかというと、これが長崎県の本当の姿のようです。

続きを読む


長崎電軌 蛍茶屋電停【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120901_03sg_ss.jpg

蛍茶屋電停 2012年9月
水彩 ハガキ大(未展示 同じ構図のF4作品を展示)

こちらが今回の一番人気でした。
長崎観光といえば路面電車。

でも、私は気づいてしまった。
長崎はバスが便利です。

続きを読む


旧英国領事館【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120901_02sg_ss.jpg

旧英国領事館 2012年9月
ハガキ大 水彩
※未展示。似た構図でF4の作品を展示しました。

こちらは明治前期に建てられた国重要文化財です。
もうすぐ、5年くらいかかるような長期改修工事に入るそうなので、描くのは今のうちとばかりに張り切りました。
路面電車が走る道に面した正面から見た姿が有名で、こちらは裏になります。




続きを読む


浦上天主堂と平和町商店街【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120831_06sg_ss.jpg

浦上天主堂と平和町商店街 2012年8月
ハガキ大 水彩

原子爆弾が投下された浦上は、長崎市内ですけど、グラバー園や十三番館があるエリアとは国鉄の一駅分離れた隣町です。
なので異国情緒などはほとんどなくて、原子爆弾がなかったら、観光客が団体バスで大挙して来るようなエリアにはならなかったのではないかと思います。

続きを読む


グラバー園【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120831_05sg_ss.jpg

グラバー園 2012年8月
水彩 SM

おなじみグラバー園、グラバー邸の上から描きました。
これもよく描かれる構図です。
ちょっとひねろうかと思ったけど、ここが一番よかったです。
後から、オランダ坂上の絵をそっくりすぎて、自分で困りました。

続きを読む


東山手甲十三番館の邸内(2点)【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120830_03sg_ss.jpg

120830_04sg_ss.jpg

この日は大雨で何もできず、邸内を描かせていただきました。

この中のとある場所には、「古い建物にありがちな不思議な良いこと」があるらしいです。
私にはその手の才能がないのでわかりませんが。

何か感じた方は是非ご感想をお願いいたします!!



オランダ坂【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120830_01sg_ss.jpg

オランダ坂 2012年8月
SM(サムホール) 水彩

私はこの場所のことを「オランダ坂上」と呼んでいます。
坂上とか坂下って表現をよく使うのは関東だなあなんて思いながら。
十三番館の下がオランダ坂下。

ここはとても多くの人に描かれています。
行ってみると、座り込むのにちょうどいい段差があり、ああそういうことだったんだ!!と納得しました。
でも、座ってしまうと稲佐山が見えなくなるので、私は立って描きました。
ここでスケッチするのは憧れでしたが、実際行ってみると蚊が多くて参りました。

続きを読む


眼鏡橋【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120830_06sg_ss.jpg

眼鏡橋 2012年8月
ハガキ大 水彩

長崎といえば眼鏡橋!なんですけど、今回の制作の中ではモチーフとしてすっかり忘れていました。
他にいろいろなものがありすぎて。

で、夕方慌てて描きに行ったのですが、例によって日が暮れない(笑)。
今回、全体的に絵が一本調子だったなあという反省があります。
それは、日没が遅くて疲れ果て、その結果、朝の活動がアバウトで、結果昼間の絵ばかりになってしまったことが大きな原因です。
しかもそれに気がつかず、とにかく全力で疲れるまで描いてしまいました。
太陽の位置が1時間分違うだけで、こんなに調子が狂うとは。

来年の夏は、myサマータームを設定しようと思います。(すでにまた行く気ww)

出島ワーフから稲佐山【2012/10-11東山手甲十三番館展示作品】 [2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」]

120829_02sg_ss.jpg

出島ワーフから稲佐山 2012年8月
ハガキ大 水彩

出島ワーフというのは、長崎のわりと新しいおしゃれなウオーターフロント地区です。
ちょっと前までは古い倉庫みたいなものもあったそうです。
でも多分、街に海が見えるいい場所がたくさんあるからか、カップルや観光客がたくさんいるでもなく、すごく普通の感じです。
今度、県庁がここに隣接したエリアに建つらしいですが、どうなるのか楽しみです。

続きを読む


前の10件 | - 2012年10-11月「東京人が歩いた長崎」 ブログトップ